関連サイト

A Blade of Grass

nurtures socially engaged art
米国

ABOGはSEAに取り組む米国のアーティストを助成する組織。「DISCUSS FORUMS」のページで批評的なエッセイや事例レポート、オンラインディベートなどが読める。

Animating Democracy

Cultivating a landscape for creative social change
米国

SEA実践者や団体向けのサイトだが、「PUBLICATIONS」には無料でダウンロードできるエッセイやケーススタディが多数掲載されている。月刊の「E-News」も参考になる。

Art Practical

exploring contemporary art and visual culture in the Bay Area
米国

サンフランシスコを拠点に、カリフォルニア・カレッジ・オブ・アーツが配信するオンライン・アートジャーナル。定期刊行ではないが、興味深いテーマ設定で年に数回発行されている。

Art & Education

米国

e-flux と Artforumのジョイント・ベンチャーで2006年にニューヨークで創設されたウェブサイト。アートスクールのプログラムやフェローシップ、助成金、シンポジウムの情報など、美術分野の高等教育に関連するコンテンツを掲載。Newsも毎日更新されている。

Art for Social Change

カナダ

カナダ政府の研究助成機関「社会・人文科学研究会議」の支援を得た「ASC! Project」の活動や成果を紹介するサイト。「アート・フォー・ソーシャル・チェンジとは何か」から、事例研究、議員に対するアドボカシー・ツールまで多様なコンテンツが見られる。

ArtsProfessional

英国

アートマネジメント関係者に向けたイギリスのサイト。英国アーツカウンシルの動向をはじめ、国内各地の芸術文化活動やリサーチなど、アートと社会に関連するさまざまなニュースやレポートが読める。

BEAUTIFUL TROUBLE

A Toolbox for Revolution
米国

「革命のための道具箱」というサブタイトル通り、創造的アクティビズムのためのさまざまな戦法(フラッシュモブ、メディアジャックなど34種)、思想、理論、事例、実践者リストを掲載。

The Brooklyn Rail

Critical Perspectives on Arts, Politics, and Culture
米国

NYを中心とした現代アートシーンをはじめ、音楽、演劇、ダンス、映画、書評までカバーする総合芸術マガジンだが、毎号「Field Notes」というセクションで社会問題を扱っているのが特徴。

Center for Artistic Activism

Making Political Art Work
米国

ニューヨーク大学ギャラティン校教授のステファン・ダンコムとアーティスト、スティーブ・ランバートが設立した、アートとアクティビズムの結びつきを探求、分析、強化するサイト。ウィキペディアを模したActipedia(RESEARCHからリンク)には、多くの興味深い事例が紹介されている。