洋書

_

Beyond Objecthood: The Exhibition as a Critical Form since 1968

James Voorhies
2017

現代の美術のエキシビション(展示会)は、美術館やギャラリー空間の中に配置されたオブジェクトを鑑賞者が受動的に見るだけのものではなく、展示空間が制作の場になったり、施設の外で、人々の参加・協働を得て行われることも普通になっ […]

_

The Everyday Practice of Public Art:Art, Space, and Social Inclusion

Cameron Cartiere and Martin Zebrack(編)
2016

野外彫刻や壁画を超えて拡張してきたパブリック・アートの概念は、いまやソーシャリー・エンゲイジド・アートと大きく重なり、その議論はますます学際的になっている。本書は「The social practice of publi […]

_

Art-Led Participatory Processes: Dialogue and Subjectivity within Performances in the Everyday

Jay Koh
2016

シンガポール生まれのジェイ・コーは、20年にわたってアジアとヨーロッパ各地で市民参加型SEAプロジェクトやサイトスペシフィック・レジデンシーに取り組んできたアーティス ト/キュレーターである。彼はまた、Universit […]

_

Culture as Weapon:The Art of Influence in Everyday Life

Nato Thompson
2017

『Seeing Power』に続く、Creative Timeのアーティスティック・ディレクター、ナトー・トンプソンよる最新著作。「武器としての文化」というタイトルからは、芸術文化の力を使って、既存の権力や制度に対抗する […]

_

Future Imperfect:A Blade of Grass, 2014-15

Elizabeth M. Grady (編)
2016

ア・ブレイド・オブ・グラス(ABOG)は、ソーシャリー・エンゲイジド・アートに焦点を絞り、アーティストがリードするSEAプロジェクトへの助成(フェローシップ・プログラム)を行うニューヨークのNPOである。2011年に設立 […]

_

Art and Social Change: A Critical Reader

Will Bradley and Charles Esche(編)
2007

アーティストたちが主導して、現実社会の問題をあぶり出し、変革しようとする活動は長い歴史を持っている。本書は、その時代、地域の社会運動と連携して闘争したり、アートをめぐる既存の制度に抵抗してきたアーティストたちの行動のベー […]

_

Tactical Performance: The Theory and Practice of Serious Play

L.M. Bogad
2016

ソーシャル・チェンジのための市民運動や抗議行動を成功させるために、演劇的な手法を用いた戦術的パフォーマンスを学ぼうという、クリエイティブ・アクティビストに向けた指南書である。カリフォルニア大学デービス校でパフォーマンス・ […]

_

The Democracy Project : A History, a Crisis, a Movement

David Graeber
2013

デヴィッド・グレーバーは、2011年のオキュパイ・ウォールストリート(OWS)の中心にいて、この運動の理論と実践を支えたアナーキスト人類学者だ。本書は、OWSでの経験と歴史的考証から、新しい社会像を描くラディカルな民主主 […]

_

Entry Points : The Vera List Center Field Guide on Art and Social Justice No. 1

Carin Kuoni and Chelsea Haines(編)
2015

ニュースクール大学のヴェラ・リスト芸術・政治学センターは、社会正義(social justice)の前進を目指して大胆に活動するアーティストに賞を贈る隔年プログラム「ヴェラ・リスト芸術・政治学センター賞」を2012年に創 […]

_

Radical Museology: or What’s ‘Contemporary’ in Museums of Contemporary Art?

Claire Bishop
2013

ブリオーのリレーショナル・アート批判で知られるクレア・ビショップによる、“ソーシャリー・エンゲイジド・ミュージアム論”ともいうべきエッセイである。芸術文化がネオリベラリズムに組み込まれていく今日、現代美術館は“bigge […]

_

Strike Art: Contemporary Art and the Post-Occupy Condition

Yates McKee
2016

2011年9月17日から約2ヵ月間、若者を中心とする市民がニューヨークのウォール街そばのズコッティ公園を占拠、“We are the 99%”をスローガンに、拡大する経済格差への抗議行動を展開した「オキュパイ・ウォールス […]

_

Seeing Power: Art and Activism in the Twenty-first Century

Nato Thompson
2015

著者のナトー・トンプソンは、ニューヨークの革新的アートNPO「Creative Time」のキュレーターとして、ここ20年間のソーシャリー・エンゲイジド・アートを概観する展覧会「リビング・アズ・フォーム」(2011)を手 […]