洋書

_

Propaganda Art in 21st Century

Jonas Staal
2019

プロパガンダとは、特定の思想によって個人や集団に影響を与え、その行動を意図した方向へ仕向けようとする宣伝活動の総称である。特に、政治的意図を持った宣伝活動をさすことが多く、旧ソ連の共産主義プロパガンダやナチス・ドイツのプ […]

_

Collective Creative Actions: Project Row Houses at 25

Ryan N. Dennis(PRHキュレーター/プログラムディレクター)(編)
2018

プロジェクト・ロウ・ハウス(PRH)は、7人のアーティスト(※1)が中心となって始めたコミュニティ再生プロジェクトであり、運営するNPOの名称でもある。1993年、アフリカ系アメリカ人が主に住むテキサス州ヒューストンの貧 […]

_

Assuming Boycott: Resistance, Agency and Cultural Production

Kareem Estefan,Carin Kuoni,Laura Raicovich(編)
2017

あいちトリエンナーレ2019で「表現の不自由展・その後」が中止になったことに抗議して、トリエンナーレ参加アーティストの14人/組が自らの展示を中止したことは記憶に新しい。「ボイコット」とは、団結して特定の相手を排斥したり […]

_

Museum Activism

Robert R. Janes, Richard Sandell(編)
2019

「世界のミュージアム・コミュニティは、まどろみから目覚めようとしている眠れる巨人だ(そういうものがあるとすればだが)」という挑発的なイントロダクションから始まるアンソロジー。“ミュージアムの中立性”はもはや神話であり、不 […]

_

In the Flow

Boris Groys
2016

美術批評家、メディア理論家として知られるポリス・グロイスの『アート・パワー』に続くエッセイ集。「インターネット時代のアートに関する著作」というふれこみだが、デジタルアートにフォーカスしたものではなく、「流れの中で」という […]

_

Art as Social Action:An Introduction to the Principles and Practices of Teaching Social Practice Art

Gregory Sholette, Chloë Bass, Social Practice Queens(編)
2018

編者のグレゴリー・ショレットは、アーティスト/批評家/アクティビストであると同時に、SEAの教育者として、ニューヨーク市立大学クイーンズ校とクイーンズ美術館とのパートナーシップによるMFAプログラム「ソーシャル・プラクテ […]

_

Haircuts by Children and Other Evidence for a New Social Contract

Darren O’Donnell
2018

ダレン・オドネルは、カナダ、トロントを拠点とするアート&リサーチ集団ママリアン・ダイビング・リフレックス(MDR)の創立者であり、芸術ディレクター。MDRは、「人々はお互いにどのように関わりあえるか」をテーマに、“社会の […]

_

Delirium and Resistance:Activist Art and the Crisis of Capitalism

Gregory Sholette
2017

SEAの論客として、アクティビスト・アーティストとして、精力的に活動を続けるグレゴリー・ショレット(1956年生まれ、ニューヨーク在住)の、『Dark Matter』に続く新刊。 Delirium and Resista […]

_

Beyond Objecthood: The Exhibition as a Critical Form since 1968

James Voorhies
2017

現代の美術のエキシビション(展示会)は、美術館やギャラリー空間の中に配置されたオブジェクトを鑑賞者が受動的に見るだけのものではなく、展示空間が制作の場になったり、施設の外で、人々の参加・協働を得て行われることも普通になっ […]

_

The Everyday Practice of Public Art:Art, Space, and Social Inclusion

Cameron Cartiere and Martin Zebrack(編)
2016

野外彫刻や壁画を超えて拡張してきたパブリック・アートの概念は、いまやソーシャリー・エンゲイジド・アートと大きく重なり、その議論はますます学際的になっている。本書は「The social practice of publi […]

_

Art-Led Participatory Processes: Dialogue and Subjectivity within Performances in the Everyday

Jay Koh
2016

シンガポール生まれのジェイ・コーは、20年にわたってアジアとヨーロッパ各地で市民参加型SEAプロジェクトやサイトスペシフィック・レジデンシーに取り組んできたアーティス ト/キュレーターである。彼はまた、Universit […]

_

Culture as Weapon:The Art of Influence in Everyday Life

Nato Thompson
2017

『Seeing Power』に続く、Creative Timeのアーティスティック・ディレクター、ナトー・トンプソンよる最新著作。「武器としての文化」というタイトルからは、芸術文化の力を使って、既存の権力や制度に対抗する […]