SEAヒストリー研究会~日本におけるSEAを読み解く

昨年に引き続き、ソーシャリー・エンゲイジド・アートをより広く、深く学び、議論する場として、今年度も研究会を開催します。これまでは、海外のSEAを中心に考察、議論をしてきましたが、今年は、戦後の日本の美術の動向や社会状況の変化から国内におけるSEAの萌芽と展開を掘り起こし、読み解くことを目的として「SEAヒストリー研究会~日本におけるSEAを読み解く」を開催します。各回、プレゼンターがそれぞれ異なる視点からアプローチし、その内容をこのページで報告していく予定です。

《開催スケジュール》第3回以降は決定次第、お知らせします。

第1回 「マッピング」 ※終了しました。

プレゼンター:工藤安代(アート&ソサイエティ研究センター代表)

日 時   :2016年2/26(金)18:30 ~ 20:30

会 場   :アーツ千代田3331 (東京都千代田区外神田6丁目11-14 )2階 会議室

定 員   : 10名(先着順)

参加費   : 500円(資料込み・コーヒー付)

 

第2回 「マッピング(後半):1950年代の日本美術の動向を中心に」

プレゼンター:清水裕子(アート&ソサイエティ研究センター副代表)

日 時   :2016年3/24(木)18:30 ~ 20:30

会 場   :アーツ千代田3331 2階 会議室

定 員   : 10名(先着順)

参加費   :500円(資料込み・コーヒー付)

 

お申し込み・お問い合わせ

メールに、氏名、住所、職業(所属)、申込み動機を記入のうえ、下記宛先までご送信ください。

email: info@art-society.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。